2018年01月11日

まず雪を掻いて

1月11日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1110011.JPG

積雪約30p、気温氷点下5・5℃。
一晩で積もりに積もった、英彦山の朝です。

メジロのご飯、リンゴとミカンも雪まみれ〜。
今日はこんな呑気な事は云っていられない、まず雪掻きをして出かけないといけないのです。

P1110002.JPG


P1110005.JPG

P1110003.JPG

取り敢えず、歩幅の雪を掻いて。

P1110006.JPG

行ってきます〜。
厳冬期の英彦山の、取材に同行します。

★ つれづれに一句

  一夜さの 雪の深さに なりしかな  yamahiko
    ・いちやさの ゆきのふかさに なりしかな


今日はもう1回、更新したいと思っています。

福岡県道路情報
http://www.douro.pref.fukuoka.lg.jp/




posted by やまひこ at 08:18| 雪の暮らし

2018年01月09日

寒波襲来

 1月9日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1700759.JPG

予想より少し早め、雪が降り始めています。
まだまだ淡雪ですが、さてこれからどれくらい降り続くのか、積もるのか。

明日からの事を考え用事を片付けたリ、まず買い出しだ!
今季最強の大寒波が来ると云われているので、備えることは色々あります。

P1700762.JPG

窓辺の野鳥の餌台、手前の籠にはヒマワリの種、他にはカキ、リンゴ、アワ・ヒエなど
御馳走タップリだが、雪まみれでもそれでもお構いなしに鳥たちはやって来る。

P1700773.JPG

P1700774.JPG

叉、お知らせします。

福岡県道路情報
http://www.douro.pref.fukuoka.lg.jp/




posted by やまひこ at 10:17| 雪の暮らし

2017年12月14日

日差しの中で

12月14日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1700675.JPG

苔です。
覆われていた雪が解け、キラキラと目覚めたようだ。
気温が少しだけ上がり日が射しこんだ昨日の、カメラ遊びです。

暖かい日差しに人の暮らしも息を吹き返したようになり、緩んだ山の空気が有難い。

P1700671.JPG

P1700676.JPG


P1700683.JPG


歳時記ではもう「正月事始め」と云って、新年への準備に取り掛かり、気忙しくなり始める
頃らしいが、まだそれらしい気分には遠いような・・。
まぁ、忙しいと云っても大したことではない、こういう日は日向を楽しもう。

★ つれづれに一句

  世間から 少し逸れたる 日向ぼこ  yamahiko
     ・せけんから すこしそれたる 日向ぼこ

「日向ぼこ・日向ぼっこ・日向ぼこり」は、この季節の季語で暖かい冬の日差しを浴び、
ゆるりと過ごす・・、という意味。








posted by やまひこ at 00:00| 雪の暮らし