2017年11月17日

神無月(かんなづき)の空

11月17日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PB160013.JPG

冬日和とも紅葉日和とも云えるような日が続き、空を見上げると早々と葉を落とした
柿の木の枝振りがあらわになっている。

そう云えば・・、この11月は「神無月・かんなづき」だったなと思う。

神無月とは、陰暦10月のこと、全国諸社の神々が男女の縁結びのため、出雲の国へ旅立たれ
神々が留守になるのでこのように云われるそうな。
出雲の国では、「神有月・かみありづき」と云われています。

「神の留守」、「神渡し」、「神の旅」など季語にもなっている。

PB160020.JPG

PB160025.JPG

木々も草もすがれゆく、この季節らしい伝承だと思う。
いろんなことを思い出させる、茜色に染まる空です。


★ つれづれに一句

  すがれゆく 山の木々なり 神の留守   yamahiko
    ・すがれゆく やまのきぎなり かみのるす




posted by やまひこ at 00:00| 今日の空

2017年10月29日

天使の階段

10月29日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA290016.JPG

本日2回目の更新です。

昨日からずっと降り続いた雨、退屈だなぁ・・と思う間もなく今朝からまた青年の家に行き、講座で
少しお話をしてきました。
パワーポイントを使いながら、テーマは「英彦山の四季」という内容にしましたが、画像を見てもらう
ので分かりやすかったよう、熱心に聴いてもらえて好かった。
これからも、英彦山を宜しくお願いします。

4時頃には雨が上がり始めたので、花見ヶ岩へ行ってみるとちょうど雲間から日が射しこんでいる。
こういう光芒を天使の階段というが、なるほどですね。

PA290018.JPG

PA290025.JPG

見慣れた山も谷も神々しく、立ちつくし見入ってしまう。

PA290041.JPG

PA290045.JPG

まだまだ雨上がりの暗さの中だが、山霧が途切れ始めたのでもう大丈夫だ。
明日は少しずつ、晴れてくるだろう。

★ つれづれに一句

  山霧の 深さ暗さに 棲み慣れし   yamahiko
     ・やまぎりの ふかさくらさに すみなれし



posted by やまひこ at 19:49| 今日の空

2017年10月27日

天に月

10月27日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA260013.JPG

秋晴れが続く、昨日の夕景です。
朝夕の気温差が大きく、日中は忘れかけていた暑さがまた戻ってきたみたいになり、まだこの時間は
その余韻があり、それでも油断をしているとたちまち冷えてくる。

雲一つない夕焼け空は、澄み渡っています。


P1700052.JPG

PA260031.JPG

P1700045_collage.jpg

夜というにはまだ間がある、このあいまいな時間が好きです。


P1700079 - コピー.JPG

PA260054.JPG

やがて添田町の方にも灯りが増える頃、英彦山には高々と三日月が昇り集落を照らす。

★ つれづれに一句

  天に月 地に英彦谷の 暮らしの灯   yamahiko
    ・てんにつき ちにひこだにの くらしのひ 






posted by やまひこ at 00:00| 今日の空