2018年04月06日

花見ヶ岩から、荘厳の朝

4月6日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4050006 - コピー.JPG

雨が降った山の翌日は、荘厳な景色を眼前にすることがある。

昨日は予想していた通りの雲海の朝、こういう時はまずは花見ヶ岩へ向かう。
PMも、黄砂もなく空気が澄み渡っていて、英彦山の朝はこうでなくては〜!

P4050002 - コピー.JPG


P1720112.JPG


P1720113.JPG

雲の流れの中に、今が盛りの山桜が濃く淡く見え隠れしている。


P1720128.JPG

そろそろ眠りから覚め始めるかのように、英彦山の集落。


P4050026 - コピー.JPG


P4050042.JPG

山の方を、見上げる。
風もないのに雲の流れの速いこと、この景色の前に立つと誰もが詩人になったような
思いになるかもしれない。

雄大で、幻想的だ。


P4050028.JPG

★ つれづれに一句

  春暁の 雲の流れを 見て飽かず   yamahiko
    ・しゅんぎょうの くものながれを みてあかず






posted by やまひこ at 00:00| 今日の空

2018年03月22日

余寒の空

3月22日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3220019.JPG

明日から春らしい陽気になると云うし、こんな空も好いかなと思う。

今日の夕方5時、気温は2度まで下がっているが案外面白い夕景が見られるんじゃないかと
暫く粘ってみたが、空は焼けなかった。
それでも東峰村の谷の重なりや、英彦山の麓の集落がチョット幻想的だ。

P3220014.JPG

英彦山の集落も、一瞬の夕映え。

P3220020.JPG

P3220002.JPG


霜注意報が出されているし、明日は放射冷却で冷え込むらしい。
雪、樹氷、雨氷・・、楽しみだ、山へ登ろう〜!

もしかしたら、これが最後かもしれない寒の戻りを遊ぼう。

★ つれづれに一句

  照り陰り 激しき英彦の 余寒かな   yamahiko
    ・てりかげり はげしきひこの よかんかな


本日のおまけ。

P3220005.JPG

P3220008.JPG

雫纏う、白梅。





posted by やまひこ at 20:50| 今日の空

2018年03月08日

又しても春の嵐に

3月8日(木)

又しても春の嵐になり、鎮まりかえる今日の英彦山です。

こんな日はおとなしく家に籠ろうと思っていたのですが、半日も経つと退屈してしまい
僅かに小雨になった隙を窺がい、花見ヶ岩へ行って来ました。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3080019.JPG

予想はしていましたがものすごい強風の中、山を見上げてもガスっていますね。
でもこれも英彦山らしく、好きな景色でもあります。

P3080007.JPG

上仏来山も、たちまち隠れてしまう。

P3080002.JPG

P3080018.JPG

P3080010.JPG

いつもは見て飽かない山霧の流れも、強くなってきた雨と風にもう帰ろう〜!

「春嵐」・「春雷」などは芽吹きを誘い、虫たちの眠りを覚ますその先駆けと云われているから
もう少しじっとやり過ごすしかない。

★ つれづれに一句

  霊山の 春嵐とは 荒ぶれり   yamahiko
   ・れいざんの はるあらしとは あらぶれり




posted by やまひこ at 14:54| 今日の空