2018年06月05日

扇ヶ鼻から

6月5日(火)

九重のミヤマキリシマも、いよいよクライマックスかともう一度行って来ました。
牧ノ戸峠から、扇ヶ鼻、稲星山、久住山周辺を歩いてきましたが、花は今が盛りと咲き誇り
何よりも青空の下での最高の登山日和でした。

という事で、どこに行っても気になる「英彦山遠望スポット」ですが、今回は扇ヶ鼻からです。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6040021.JPG

手前に沓掛山からの稜線、奥の台形に見えるのは万年山、更にその奥に英彦山です。

P6040025.JPG

チョット場所を変えて、小さいながら堂々とちゃんと見えています。
英彦山は異形の山ですね、他の山とは紛れることはありません。


★ つれづれに一句

  夏空に 霊峰英彦の 紛れざる   yamahiko
     ・なつぞらに れいほうひこの まぎれざる

「英彦山遠望スポット」、まだまだこれからも探りたいと思っています。
そして、根子岳と由布岳も見えたよ。

P6040001.JPG

P6040003.JPG

雲海だ〜!

P6040103.JPG

P6040116.JPG

登山日和りは、空日和りでもありました。

山行レポは、只今編集中です。
デハ、デハ。







posted by やまひこ at 00:00| 英彦山遠望スポット

2018年06月02日

大船山から

6月2日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6010029.JPG

毎年のことながら、この季節になると九重のミヤマキリシマが呼んでいる〜!
という訳で昨日、大船山周辺を巡って来ました。

でもこんな時にも気になる、英彦山遠望スポットです。
ハイ、大船山山頂からも英彦山が見えましたよ。
ミヤマ越しの遥か奥の稜線、英彦山が小さいながらもハッキリ見えていますね。

いくらなんでも小さすぎるかな、と思い北大船山を過ぎた辺りに移動すると。

P6010058.JPG

平治岳越しに、英彦山です。
更に寄って見ると。

P1720643.JPG

トンガリの鷹ノ巣山を従えた、特徴のある山容は見逃すことはありません。

山行レポは只今編集です。
少々バテてしまって、俳句はお休みします。
デハ、デハ。





posted by やまひこ at 00:29| 英彦山遠望スポット

2018年02月08日

津野から、春めく日差しに

2月8日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2070041.JPG

強烈だった寒波もようやく去ってくれたようで、たちまち春の日差しっぽくなった昨日。

津野集落の田んぼも、一面の雪景色だ。
その奥に、白銀に輝く英彦山です。

P1710368.JPG

P1710388.JPG

これほどの雪景色の英彦山の雄姿、今季はもう最後かもしれません。
あぁ、中岳の大杉も雪をまとってクッキリ見えている。

ここまで来ると、やはり花見ヶ岩へ登ってみよう。

P2070063.JPG

P2070058.JPG

山も集落も春めいた日差しに、雪も明るいなぁ。
暦の上ではもう春、そうなんだ、もう春なんだと思う。

P2070061.JPG

P2070065.JPG

P2070072.JPG

花見ヶ岩は、雪見スポットでもあります。
フワフワ・サラサラの、まっさらな雪。

★ つれづれに一句

  日の射してきて 春雪と なりにけり   yamahiko
     ・ひのさしてきて しゅんせつと なりにけり


そしてこれも。

P2070076.JPG

夕方のニュースで、別所駐車場近く国道横の氷柱が放映されました。

〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜
しゃくなげ荘前・国道500号、ライブカメラ
https://www.youtube.com/watch?v=tmir2AbO6-E
福岡県道路情報
http://www.douro.pref.fukuoka.lg.jp/





posted by やまひこ at 00:00| 英彦山遠望スポット