2018年06月22日

晴れの日は

6月22日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6210003.JPG

梅雨の晴れ間は、何かと忙しい。
遊んでいる場合じゃない、近くなってきた集落の市護神社の祭りに向けての準備もあり、まずは
お社周辺の草刈りやら大掃除を総出でやらねば。

英彦山十谷の集落には、それぞれ英彦山神宮の末社があり、祭事が営まれています。
昔に比べると簡素になったとはいえ、続けられているこの神事は、各集落ごとに日時も決まっている。

P6210004.JPG

P6210008.JPG

★ つれづれに一句

  夏草を 刈り神域と なりにけり   yamahiko
    ・なつくさを かりしんいきと なりにけり

「市護神社」とは「市を護る神社」とも読め、門前町で商店が多かったこの集落に相応しい神社とも
思えます。
6月28日の祭典当日は榊や注連縄を整え、山の幸、海の幸、酒などを供え、神官のお祓いを受け、
全員が家内安全を祈願の玉串を奉納する、という簡素ながらも連綿と続いている神事です。
何はともあれ、綺麗サッパリとなり準備完了です。

昨日の夕景です。

P6210012.JPG

P6210025.JPG

茜色に染まる雲、久し振りに見たような。




posted by やまひこ at 01:38| 日々のあれこれ

2018年06月14日

水音は

6月14日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6130012.JPG

★ つれづれに一句

  流れゆく 水に心を 寄せ涼し  yamahiko
    ・ながれゆく みずにこころを よせすずし

英彦山の里は、いつもどこからか水音が聞こえる暮らし。
これが、涼しさを誘うリズムにもなる。

P6130013.JPG


P1720765.JPG


P1720767.JPG

★ つれづれに一句

  涼しさは 光に満ちし 水音より   yamahiko
    ・すずしさは ひかりにみちし みおとより






posted by やまひこ at 00:00| 日々のあれこれ

2018年06月13日

あれこれ作っています

6月13日(水)

梅雨入りして、このところグズグズした空模様が続いている。
小雨が降ったり止んだり・・、毎年梅雨入りしたばかりの時期は中途半端な日が続き、家に籠る程でも
ないし、かといって晴々と出掛ける気持ちにもならない。

こんな日は、小さな手仕事を楽しむ。
有り合わせの木片を使い、野鳥の巣箱をつくることにしよう。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6020003.JPG

久し振りに大工道具を出して、切ったり張ったり打ったりして、可愛い巣箱たちの完成だ。
もう今年は鳥たちの営巣も終わりヒナも巣立ちの頃が近いので、この巣箱が活躍するのは
来年の事になる。

P1720711_collage.jpg

慣れてもらうように、早速取り付けてみました。
ヤマガラはヒナと一緒に飛び回っているし、さて、来年が楽しみだ。

気分が乗って、野鳥の餌台もリニューアルすることに。
餌台は、冬にはこんな感じになっているのです。
http://hikosan.sblo.jp/archives/20180227-1.html

これにはその辺の枝や、倒木の欠片を使い遊び心満点に作ってみよう。

P1720738.JPG

これはスタンダード型、雪除けの屋根を取り付けて。
ヤマガラの餌を入れたら面白そう。

P1720740.JPG

山に落ちていた樹皮を、ドカッと屋根にしてみた。
野趣があり、中々の出来になったなぁ。

P1720741.JPG

倒木のスギをくり抜いて、鍋蓋風の屋根を置いてみた。
一番手間が掛ったが、これもお気に入りだ。

P1720760.JPG

枝を組み合わせた、屋根のカーブが自慢です。
メジロが好きな、ミカンを入れてみたらどんなだろう。

まだまだ作れそう〜、山の暮らしは鬱陶しい梅雨でも退屈することはないのです。
さて、今日からは晴れるという予報なので草刈りを頑張ります。





posted by やまひこ at 00:00| 日々のあれこれ