2017年06月20日

木下闇(こしたやみ)に

6月20日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6190016.JPG

どんなに晴れていても、暑くても、何となく空気に湿り気を感じるようになってきた。
もうそろそろ、梅雨らしい日が始まるのかな・・と思う。

★ つれづれに一句

  祀られし 幣の白さも 木下闇   yamahiko
    ・まつられし ぬさのしろさも こしたやみ

「木下闇・こしたやみ」は夏の季語で、木々の茂りに光が遮られたほの暗いさまを云い、
英彦山はその中にも、社が鎮もり祀られている。
何気ないけども、足を止めたくなる日常の風景です。


そして、今日はこれも。

P6190004.JPG

P6190008.JPG

カタバミと、ニワゼキショウ。
もう、ただの雑草などとは言わせない。

★ つれづれに一句

  紫と いふ品格に 草茂る   YAMAHIKO
    ・むらさきと いうひんかくに くさしげる






posted by やまひこ at 00:00| 日々のあれこれ

2017年06月04日

木漏れ日

6月4日(日)

P1680629.JPG

森が一番暗くなるのは、6月から梅雨明けにかけてではないだろうか。
この年に出た葉は伸び切り、若葉や新緑とはもう云えず、いつの間にかすっかり
本当の「緑」になっている。

それが風にあおられると、所々に陽の光が差し込む。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1680624.JPG


P1680619.JPG


P1680633.JPG

山の奥いたるところから流れ出る清流が、緑の中を流れ下って来る。
涼しげな水音が響くところには、冷気が漂っているものだが、それは木漏れ日の中だと
尚更のものに感じる。

緑陰、木陰が有難く感じる頃です。

★ つれづれに一句

  森いつも 光こぼせり そして夏   yamahiko
    ・もりいつも ひかりこぼせり そしてなつ







posted by やまひこ at 00:00| 日々のあれこれ

2017年05月30日

鹿除けネットの作業中

5月30日(火)

P5290012.JPG

スイカズラが、香る頃になってきました。
花の香りはカンカン照りよりは、雨上がりや朝の空気がまだ湿り気を帯びている時の方が
よく気付くものだが、このスイカズラは近くのあちこちに咲くので、風に乗って来るのを感じる。

で、甘い香りの中で何をしているかというと、鹿除けネットと格闘中であります。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P5290016.JPG

P5290026.JPG

今年はクリンソウにも鹿の食害が出てしまい、こうなるとヤル気が湧いてくるもので暫くは頓挫して
いた鹿対策に、本気モードで取り組んでいます。
近所からもらった網なども張り巡らせて、切ったり立てたり、繕ったり、編んだり、とにかく
出来ることは何でもやってみよう。

P5290017_collage.jpg

P5290018.JPG

少しデザインにも凝って(?)、竹を組み合わせたりして作業に飽きないようにしている。

鹿の食害が出る以前、ここ一帯にアジサイを植え、その時期は色とりどりの花で埋められていた。
それを再現できたら、どんなに奇麗になるだろうか・・・。
英彦山にはクリンソウも似合うし、アジサイも似合うのです。
さぁ、とにかく鹿除けネットを完成させなければ、コツコツ作業の毎日です。

★ つれづれに一句

  つつがなき 山の暮らしや 五月晴れ   yamahiko
    ・つつがなき やまのくらしや さつきばれ


チョット、今日は九重へ出かけてきます〜。





posted by やまひこ at 00:00| 日々のあれこれ