2018年03月03日

春愁や・・

3月3日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3030001.JPG

P3030004.JPG


★ つれづれに一句

  春愁や 歳月流れ 易くして   yamahiko
   ・しゅんしゅうや さいげつながれ やすくして


チョット疲れておりまして、今日はこれで失礼します。





posted by やまひこ at 21:10| 日々のあれこれ

2018年02月25日

完成近い、伊良原ダムへ

2月25日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2240062.JPG

工事が進んでいた犀川の伊良原ダムがいよいよ完成が近いということで、その様子を
見に行って来ました。
何もかも変わったな・・、というのが感想ですね。

英彦山からここまで来るのはいつも蔵持山に登るときだが、当時は工事関係の車両が行き交い、
砂煙を上げていた。
http://hikosan.sblo.jp/article/177409233.html

P2240061.JPG

上流は帆柱地区、更に登ると柳峠、野峠そして英彦山です。
水源の山脈は深いですね。

水没した集落は高台に移転して、新興住宅地が出現しているし、真新しい施設も
周囲に出来て、新たな営みがもう始まっている。
通りかかった地元の人に聞くと、私の家はちょうどあのあたりだったよ・・、と湖面を
指さして、チョットしみじみする。

★ つれづれに一句

  春澄むや 湖底に今も 村あると   yamahiko
    ・はるすむや こていにいまも むらあると

P2240064.JPG

P1710734.JPG

P1710738.JPG

芽吹きが始まる前で、真っ赤なイイギリの実。

これから英彦山ゆかりの鷹窟と大行事社へと行きましたが、それは明日へ続きます。







posted by やまひこ at 00:00| 日々のあれこれ

2018年02月18日

小鳥来よ

2月18日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1710559_collage.jpg

冬の野山に木の実や虫など、食べる物が乏しくなる時期だけ置いている野鳥の餌台。
もうすっかりここを覚えられたようで、鳥たちが沢山来るようになりそれを楽しみにしていたが、
もうそろそろ終わりにする頃が近付いてきた。

お約束としてこれは、芽吹きが始まり地中から虫たちが出てくる頃までの手助けです。

「寒施行」と云い、地方によっては田の畦や野道などに餌を置き、囃子唄を唱え歩く行事として
伝承されていて、冬の季語にもなっています。

にしても、鳥たちのカラフルな事です。

P1710555.JPG

メジロ、キョロキョロとした目元がよく目立つ。

P1710503.JPG

P1710582.JPG

ソウシチョウ、口ばしまで真っ赤だ。

P1710624.JPG

カワラヒワ、いつも群れて来てせわしなくアワ・ヒエをついばんでいる。

P1710495.JPG

ヒヨドリ、近くの藪からじっと様子を窺がっている。

3月初めの「啓蟄・けいちつ」の頃には、終わりにしたいと思っています。

★ つれづれに一句

  小鳥来よ 今しばらくの 寒施行   yamahiko
     ・ことりこよ いましばらくの かんせぎょう


そして、男子フィギア見事でしたね。
感動しましたね〜!

★ つれづれに一句

  春風に 拍手喝采 止まざりし   yamahiko
    ・はるかぜに はくしゅかっさい 止まざりし






posted by やまひこ at 00:00| 日々のあれこれ