2017年08月15日

北海道遠征(その4)・赤岳(2、078Ⅿ)へ

8月15日(火)

北海道遠征の続きです。

黒岳・北鎮岳に登ったの翌日7月27日は、赤岳(2、078Ⅿ)をやっつけましたが、これで
3日連続登山になります。
大雪山系の赤岳は高山植物に恵まれた山で、広大なお鉢平の東端に位置し、旭岳や黒岳とともに
大雪山入門コースとして多くのハイカーで賑わっている山です。
今回は登山口の一つ、銀泉台からのコースを選びました。

前日車中泊した大雪道路情報センターからは大雪山観光道路を登って行き、しばらく緩やかにカーブを
繰り返すと銀泉台駐車場、すでに数台の車が停まり準備中の人もいる。
久留米ナンバーも停まっていてビックリだ、もしかしたら英彦山で見知った人かもしれない。

5時49分、準備をして登山開始。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P7270001.JPG

P7270003.JPG

白雲岳までの縦走なのか、完全装備の人もいてそれぞれの期待が込められている登山口だ。
暫くは秋田フキが群生する林道を歩くが、この巨大フキは北海道のあちこちに自生しており、食用にも
なり、明治の頃この北の大地を開拓するために来た入植者には貴重な「野菜」だったのかもしれない。

灌木の登山道に入り30分もしないうちに、急に明るくなりさっそく第一花園の雪渓が広がる。

P7270006.JPG

P7270009.JPG

P7270010.JPG

軽くトラバースして行くが、九州人には雪渓を踏むという事そのものが嬉しく、今日も朝から晴れ上がり
本当にラッキーだ。
花園はまだまだ雪の下だが、すでに咲き始めている光り輝く可憐な花達。

P7270031.JPG

P7270024_collage.jpg

キバナシャクナゲ、イワウメ、メアカンキンバイ、アオノツガザクラ、コケモモの赤い実。

これからの登りは緩やかだが、大小のゴロゴロ石の連続なので、周囲に見惚れてばかりいると
なんでもないところで躓いたりしかねないので、注意していこう。

P7270020.JPG

済んだ大気の中、遥かに見えるのは屏風岳だろうか。
秀麗な山容だ。

P7270033.JPG

雪渓に遊ぼう。

P7270070.JPG

チングルマと雪渓。

P7270076_collage.jpg

エゾコザクラ、チシマギキョウ、タカネオミナエシ、エゾイワツメクサ。

融け始めた雪渓を登って行くと、奥ノ平。
神の田圃と言われる小さな水溜りを越えると、7時49分砂礫の上に開けるコマクサ平に到着。

P7270043.JPG

P7270158.JPG

P7270047_collage.jpg

ここはどこまでもコマクサが点々と続き、だれもが足を止めたくなるところだろう。

コマクサの他にも、ワタスゲ、ミヤマサワアザミ、ウメバチソウ、など目覚めたばかりの様な
花が次々と登場してくれる。
天空のお花畑、さすがに大雪山系だ。

P7270081.JPG

最後の雪渓の登りもアイゼンなしでも楽々と行けたが、これを登り切るともう
山頂は近いはずだ。

途中エゾツツジの群生地を通り、11時45分山頂に到着。
随分タイムオーバーしてしまったな。

P7270108_collage.jpg

大休止しよう。
本日の夏山のお供はセ〇ンイレブンの塩エダマメ、北海道グルメも好いが、山ではコンビニ食に
すっかり頼りきっていて重宝なものです。

周囲にも花がいっぱいだ。

P7270112_collage.jpg

P7270118.JPG

イワブクロ、ミヤマリンドウ、チシマツガザクラ、エゾヒメクワガタ、エゾツツジなどを
見ながらの休憩だ。

P7270098.JPG

白雲岳や、旭岳方面への縦走路。

休憩の後、この景色に別れを惜しみつつ下山開始。

P7270128.JPG

ヨツバシオガマ越しに、遠くの山脈を見ながら。

P7270142_collage.jpg

チシマキンポウゲ、ユキバトウヒレン、エゾノツガザクラ、エゾノハクサンイチゲ。

P7270155_collage.jpg

エゾノウサギギク、ウコンウツギ、ミヤマカラマツ、ウラジロナナカマド。

チョット日陰の灌木帯に入ると、ガラリと植生は変わって。

P7270171_collage.jpg

エゾノレイジンソウ、コクラン、ミヤマホツツジ。

P7270182_collage.jpg

コバイチヤクソウ、ハクサンチドリ、オオバノキソチドリ。

13時45分、大幅にタイムオーバーして!下山完了。
赤岳は雪渓と花に遊び、時間を忘れさせてくれる名峰でした。

★ つれづれに一句

  雪渓の 一歩一歩に 夏惜しむ   yamahiko
     ・せっけいの いっぽいっぽに なつおしむ

お疲れさまでした。
次は、羅臼岳(1、661Ⅿ)へ続きます。

P7270195.JPG

そして、国道に出るまでの観光道路です。
走行中に車内から撮ったのでブレていますが、両側のポール、これは「北海道あるある」の一つで、
積雪時に除雪車の道幅確認のためで、北海道中の道に設置されています。




posted by やまひこ at 15:59| 山行記録

2017年08月14日

北海道遠征(その3)・襟裳岬へ

8月14日(月)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8040012.JPG

北海道遠征の続きで、今日は気分を変えて「海」です。

北海道は、山も好いが海も好い。
好いというよりも、通りかかった漁村の暮らしが垣間見えたりして、より鮮明な記憶になっている。

日高町から襟裳岬にかけての海岸では、夏場は早朝から白い水しぶきを上げて昆布漁の小舟が疾走し、また
海岸沿いでは、昆布が水揚げされ、玉砂利を敷き詰めた干場に並べて天日干しされます。
日高地方特産、日高昆布の漁の光景です。

P8040002.JPG

P8040009.JPG

この海岸線は、「黄金道路」と云われている。
黄金道路とは、日高襟裳国定公園を通過する、太平洋の怒涛と風化の激しい岸壁が続く国道336号
襟裳町庶野〜広尾町広尾橋までの約30kmの区間 の愛称です。

P1690360.JPG

P8040001.JPG

海水をたっぷり含んだ昆布を、引きずりあげるのは重労働だろうな、などとも思いながら
写真を撮らせてもらいました。
有り難うございました。

そして、到着した襟裳岬。

P8040016.JPG

P8040027.JPG

P8040021.JPG


P8040020.JPG

さすがにここまで来る観光客は少ないのか静かなもので、白波が立ち上がるそのロケーションは絶景で
あぁ、北海道は山も好いが海も好いなぁ。

★ つれづれに一句

  逝く夏の 岬の果てを 見晴るかす   yamahiko
    ・ゆくなつの みさきのはてを みはるかす




posted by やまひこ at 21:36| 山行記録

2017年08月13日

只今修復中

8月13日(日)

お盆休を迎えて、皆さんどのようにお過ごしですか。
私は久し振りに財蔵坊の当番でしたが、今は室内の工事が入って雑然としていて、これでは
見学者を迎えるような状況ではないですね。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8120012.JPG

江戸時代末期に建てられたという財蔵坊です、古さが味わいとは云え、少々の傾きやらが出てきても
無理がないことで、それを修復しながら、直しながらの維持管理です。

P8130006.JPG

こういう時は外回りの作業が好いだろうと、草刈りに汗を流して時間を過ごしましたが、ここは
やぶ蚊が多く、蚊取り線香よりもまずモクモクと煙を出すことですね。
綺麗サッパリとなった庭に草木を燻した煙が上がる、これも英彦山らしいものです。

P8130001_collage.jpg

これを書いている今、外は虫の声が聞こえています。
もう秋の気配?、そういえば日中はまだまだ暑いけども、夕方からグンと気温が下がり始めて来た様な。
英彦山の人達は「盆トンボ(これも英彦山だけの言葉か・・)」が飛び始めると秋らしくなる、とよく
云うのを思い出します。
少しづつ、秋になり始めているのかも知れませんね。

★ つれづれに一句

  昨日今日 似て非なるものや 秋めきぬ   yamahiko
    ・きのうきょう にてひなるものや あきめきぬ





posted by やまひこ at 21:30| 財蔵坊日記