2018年04月23日

ヤマシャクヤク咲く、裏英彦コースへ

4月23日(月)

もう裏英彦コースの、ヤマシャクヤクが咲いているはずだ。
月曜日からの天気があやしくなってきたし、行くなら今だな・・、という訳で昨日薬師林道側から
歩いてきました。

林道駐車場は満車状態でやはり豊前坊から歩いてきて良かった、この時期はヤマシャクスポットを
目指す人が多くなるのは毎年の事だ。
にしても、今年は何もかも季節の花が速めで追っかけも息つく間もない。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4220008.JPG

P4220010.JPG

鷹ノ巣山を振り返ったり、ミツバツツジに足を止めたりしながら、ジワジワと登って行く。

途中、「yamahikoさんでしょう〜?、ブログ毎日見てますよ〜、参考になります」、などと
声を掛けられ、山は道連れで一緒に歩いたり、とにかく登山者の多いことだ。

P4220016.JPG

ヤマシャクポイントに到着、もうたくさん咲き始めていて、蕾もまだまだある。
純白のヤマシャクが木漏れ日に映えている、さてここで撮影タイムとしよう。

ところが、写真はありません〜〜!
設定を間違ったのか、とにかく手違いで花の画像だけないのです、こういう事は初めてで、
それも後で気付いたのです、まったくもう!

それはさておいて、この後は望雲台にも登り・・。

P4220022.JPG

ここにも先客が。

P4220028_collage.jpg

P4220030.JPG

大きな景色です、緑に染まってしまいそうだ。
花の山行を楽しみました。

でもやはり、これでは終われませんね。
財蔵坊に咲いている、ヤマシャクの写真を添えておきます。

P4220040.JPG

P4220038.JPG

日差しが強いですね。

P4220049.JPG

P4220050.JPG

日陰ではこんな感じ、もうこれ以上はないという純白です。

★ つれづれに一句

  極まれば 白も烈しや 夏の花   yamahiko
    ・きわまれば しろもはげしや なつのはな


そして・・、花公園のシャクナゲがテレビ・新聞で報じられたからなのか、人出が増えたようで
メディアの効果、恐るべしであります。

P4220044.JPG

ご案内した皆さん、また英彦山へどうぞ〜。







posted by やまひこ at 00:00| 山行記録

2018年04月22日

花公園の、シャクナゲが見頃に

4月22日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4210023.JPG

花公園の、シャクナゲが見頃を向かえています。

初夏を代表する花シャクナゲですが、今年は季節の進みが速いのであっという間に咲き揃い、
昨日今日とテレビ局や新聞社の取材が集中して、これでまた来園者が増えそう。

P4210016.JPG

P4210026.JPG

P4210027.JPG

P4210007.JPG

P4210014_collage.jpg

P4210011.JPG

今が盛りのシャクナゲ、沢山の人に見てもらいたい。
山の日差しにシャクナゲが映えて、眩しいほどですね。

★ つれづれに一句

  逝く春の 山の日差しの 濃かりけり   yamahiko
    ・ゆくはるの やまのひざしの こかりけり


そう云えば・・・、もうツツドリが鳴いているし今日は早くもアカショウビンの声も
聞いたし、鳥たちの夏がやって来たんだなぁ。




posted by やまひこ at 00:00| 植物・春

2018年04月21日

サクラソウ見頃、猪の瀬戸湿原へ

4月21日(土)

英彦山のクリンソウが咲き始めるのも近くなってきたこの頃、そうなると由布岳麓周辺の
サクラソウが気になって来る。
それでもいろいろな予定や天気を考えると、もう今日しかない!、行かねば〜!

という訳で、真夏日を記録した昨日行って来ました。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4200034.JPG

麓の草も青み始めた由布岳 、あまりの好天に雲一つない空だ。

そして、サクラソウはというと・・。

P4200059.JPG


このところ年毎に鹿の食害が激しくなっているようで、花数はめっきり激変しています。
株は立ち上がっているが、明らかに花芽がなくなっているので、綺麗な花を見つけては喜び、
一帯を歩き回るが、保護対策の効果がありますようにと願うばかりです。

P4200002.JPG

P4200001_collage.jpg

キスミレや、エヒメアヤメなどを見つけて、ガッカリの気持ちを抑えることにする。

猪の瀬戸湿原へ、行ってみよう。
これがまぁ、見事に咲き揃っていて今が花の盛りです。

P4200065.JPG

P4200066.JPG

P4200058.JPG

所々が、サクラソウの絨毯になっている。
見るなら今、撮るのも今、というタイミングで巡り会ったことに感謝したくなりますね。

この湿原は、サクラソウだけではない。
木道の奥には、まったく違う景色がありそれも楽しみだ。

P1720245_collage.jpg

P4200042.JPG

P4200046.JPG

森の中に入ると、木漏れ日の中に今はオオキツネノカミソリが茂り、巨木やどことなく
裏英彦コースを思わせます。

P4200073.JPG

P1720277.JPG

★ つれづれに一句

  桜草 咲くや幸福 来るやふな   yamahiko
   ・さくらそう さくやしあわせ くるような

暑い々と思っていたら、真夏日並みの気温だったとか。
その中、充分に花散策を楽しみました。





posted by やまひこ at 00:00| 山行記録