2018年01月14日

英彦山冬山トレッキング

1月14日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1140032.JPG
 
  英彦山冬山トレッキング  〜〜フユヒコで楽しい山歩き!〜〜
  主催 英彦山青年の家

本日、無事に終わりました。
この日までには降って欲しいと思っていた雪、ドカ雪になってしまい心配もしたが、よく集まって
戴きました。
新聞社の取材も入り、これも英彦山の冬ならではのイベントだからかな。

P1140005.JPG

P1140001_collage.jpg

私は史跡の案内役で、出発前にパワーポイントで少し講話をすることに。
こういう時は早く外を歩きたいものだろうが、皆さん熱心に聴き入ってくれたし、日本山岳会の方からは
アイゼンの装着の指導もあった。
好評だったようで、好かった〜。

P1140033.JPG

P1140035.JPG

雪の深さにコースの変更もあったが、厳冬期の英彦山の醍醐味を感じてもらえただろうか。

皆さん、有り難うございました。
四季折々の英彦山を、これからも宜しく。

★ つれづれに一句

  英彦山の 雪を歩かん 集ひなる   yamahiko
     ・ひこさんの ゆきをあるかん つどいなる

写真をご心配戴いたNさん、有り難うございました。

・福岡県道路情報
http://www.douro.pref.fukuoka.lg.jp





posted by やまひこ at 20:52| ガイド

2018年01月13日

四王寺滝へ

1月13日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1130029.JPG

本日2回目の更新です。

四王寺滝、行ってきました。
見事な氷結で、登山者も多かった〜!

天候からすると明日の方が好いかもとも思ったが、明日は冬山トレッキング、それからしばらくは
用事が立て込んでいるので、もう今日しかない、とにかく行くしかない!

P1130008.JPG

P1130013_collage.jpg

参道あたりから滝を目指す人たちばかりのようで、皆この日を待っていたみたい。
寒波の後の土・日曜日、こうなるだろうと予想はしていた。

P1130023.JPG

P1130030.JPG

厳冬期の、四王寺滝の氷結です。
どこも欠けておらず、今季見事な氷瀑になっている。

まだ成長しているみたいで、かすかに雪解け水の音が聞こえているが、それが更に凍り付くか
その重みで一部の氷柱が落ちるかは、その時の巡り合いですね。

これで青空だったらどんなに好いだろうとも思うが、今日のこの時に感謝です。

P1700807.JPG

P1130037.JPG

見上げると、木立に霧氷がビッシリだ。
如何に今回の寒波が強かったかが、よくわかります。

P1130040.JPG

P1130035.JPG

写真を撮る人、ただ見上げる人、こんなに奥深い峪間にこれだけの人達が来るとは。
さて、この見頃はいつまでなんだろうか。
こればかりは、天候次第ですね。

★ つれづれに一句

  源流は 英彦の一滴 滝凍つる   yamahiko
    ・げんりゅうは ひこのいってき たきいつる


福岡県道路情報
http://www.douro.pref.fukuoka.lg.jp/



posted by やまひこ at 15:50| 山行記録

雲間から

1月13日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1700798.JPG

昨日の夕景です。
遠嶺も雪に覆われ雲間から光芒が差し込み、空は赤く焼けはしなかったが荘厳な時間でした。

凍り付くような寒さの中の暮らしは、何かと不便で手間取ることの方が多いが、1年365日の内
雪景色を楽しめるのは本当に僅かだ。
雪あればこその、英彦山の冬だ。

こうやっている間も少しずつ日脚は伸びているし、春へ向かっているのだから存分に雪に遊ぼう。

P1700781.JPG

P1700789.JPG

P1700783.JPG

照り陰りの繰り返し、その度に違う表情になる。

P1700777.JPG

除雪車がやって来た〜!、心強いなぁ。

P1700780.JPG

餌台にヤマガラもやって来たが、あっちを向いたままだ。

雪の1日は、あっという間に過ぎてゆく。

★ つれづれに一句

  遊ぶ日と 決めたる雪の 眩しかり   yamahiko
    ・あそぶひと 決めたるゆきの まぶしかり


今日は四王寺滝へ、行きます。



posted by やまひこ at 00:00| 今日の空