2017年04月24日

玉屋神社へ

4月24日(月)

半日コースの山歩き、南岳コースの玉屋神社へ行ってみました。
久し振りでしたが、やはり変わらぬ静けさでここは英彦山の中でも特別な聖地だ。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4230050.JPG

P4230027.JPG

智室谷を抜けて玉屋谷に至るこのコースは、ほとんど杉木立の中を歩くことになり、
少しづつ高度をあげて、最後の登りが終わると玉屋神社に到着だ。
初めての登山者は、突然広がるこの景色に驚くだろうし、思わず立ち止まり深呼吸したくなる。

元々は山伏の修行の場であり四十九窟の第一窟、般若窟と称されていた。
宇佐の法蓮上人や、宗像の色定上人などが登場するなど伝説が色濃く、英彦山の歴史は
ここから始まったと云えるかもしれない。

P4230037.JPG   P4230040.JPG

境内には鬼神社、そして岩あれば滴りあり。

天気が良いので、展望が効く。

P4230025.JPG

大岳と、奥には黒岩山の山容。

P4230033.JPG

正面には、障子ヶ岳。
一帯に山桜が多いことに、改めて気付かされる。

P4230052.JPG

P4230056.JPG

大岩を見上げると何やら石像が、ハイ、そこまで登りますよ。

鎖は途中までしかないが、どうにか登れそうだ、と思い少し近づいていくと、ハチの大群が
ブンブン飛び回っていて、ここで退散することに。
もうマムシやハチに注意する時期になってきたらしい。

それにしてもこの石像何回見ても、大国主命(?)のようでここに鎮座するその来歴を知りたい。

帰りは花達を見ながら、シロバナやコガネなどネコノメソウ類が多くなっていますね。

P4230100.JPG

P4230106.JPG

P4230046_collage.jpg

史跡巡りのような楽々山歩き、時にはこういう日も好いものです。
お疲れさまでした〜。

★ つれづれに一句

  山笑ふ 史跡巡りの 歩となりて   yamahiko
     ・やまわらう しせきめぐりの ほとなりて





posted by やまひこ at 00:00| 山行記録

2017年04月23日

風光る

4月23日(日)

P4220003.JPG

もう麗らかと云うより他はないような、昨日の英彦山です。
風薫る、風光るという季節の到来で、ワクワク感でいっぱいになりますよね。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4220012.JPG

P4220005_collage.jpg

朝からハイカーが多いなと思っていたら、JR九州ウォーキング大会の参加者の皆さんが
参道を行き交っていた。
うらうらと英彦山ウォーキングだ、こんにちは〜!

絶好の天候の下、あぁ山に登りたくなってきた。

★ つれづれに一句

  笑み交わす ときの春光 濃かりけり   yamahiko
    ・えみかわす ときのしゅんこう こかりけり





posted by やまひこ at 00:00| 日々のあれこれ

2017年04月22日

春惜しむ

4月22日(土)

そろそろゴールデンウイークの、話題が聞かれる頃になってきました。
天気は・・、どこかに行こうか・・・など、どちらにしても英彦山が賑わうシーズンだ。
生気に満ちた、新緑を楽しんで欲しい。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4210001.JPG

P4210015.JPG

昨日の、穏やかな夕景です。
日暮れの時間がすっかり遅くなり、暑くなく寒くなくの快適なひと時だ。

★ つれづれに一句

  静かなる 暮れゆく空に 春惜しむ yamahiko
     ・しずかなる くれゆくそらに はるおしむ


本日のおまけ。

P4210002.JPG

P4210021.JPG

坊跡の、ヤマシャクヤクが咲き始めた。
散りやすくも、高貴な純白の花。





posted by やまひこ at 00:00| 今日の空