2017年10月15日

おもしろき山 杉の山

 10月15日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA050020.JPG

英彦山は、杉の山でもあります。

昭和11年7月、英彦山を訪れた歌人吉井勇はこう詠んでいる。

・ 彦山はおもしろき山杉の山
      天狗棲む山むささびの山

この歌を詠んだ天狗杉は、豊前坊の参道を登ったところに聳えています。

PA050022.JPG

樹齢800年以上は経っていると伝わり、見上げてもまだ余りあるほどの威容に、誰もが立ち止まり
大きく一息つきたくなります。

山中には、鬼杉がある。

2015_0711_094724-P1550046.JPG


南岳の麓には樹齢1200年の鬼杉(国天然記念物)があり、いつからこう呼ばれ始めたのかは
分からないが、北の「天狗」と南の「鬼」とは、いかにも修験道の山らしいと思う。

台風被害で倒壊してしまったが、正面登山コースには「千本杉」といわれる美林があったし、
奉幣殿境内には「泉蔵坊杉」という老杉があった。
なるほど英彦山は、吉井勇が詠んだように杉の山です。


PA050092.JPG

鷹ノ巣山の麓を津野集落の方へ少し下ると、「後家杉」がひっそりと、しかし風格を湛えている。

PA050075.JPG

PA050083.JPG

2015_1203_101503-PC030002-thumbnail2[1].jpg

後家杉は、鬼杉に次ぐ古木であろうと云われています。

その昔英彦山と下流の集落の境界として植えられたそうで、元は2本だったというが、風雪でいつしか
1本だけ残されたこれが、「後家杉」と呼ばれることになったそうな。
何かの資料では、鷹巣の一本杉と記録されているがこのゴケスギという名の方が、可笑しみがあり
親しみやすい。

まだまだ山中には人目に触れることなく、これら以上に樹齢を重ねている杉があるかもしれない。

★ つれづれに一句

  杉の名に 天狗や鬼や 秋高し   yamahiko
    ・すぎのなに てんぐやおにや あきたかし




posted by やまひこ at 11:50| 史跡ご案内

2017年10月14日

落ち葉の頃に

10月14日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA140024.JPG

秋雨前線が停滞中とかで、どうも空模様がハッキリしないが、それでも土曜日なので、
当番の財蔵坊は開けなければ・・・。

これから暫くは雨続きの天気になりそうなので、あれこれ片付けなどもある。

PA140041.JPG

囲炉裏の火が、暖かく感じる頃になってきました。

本日の、「財蔵坊百景」です。

PA140045.JPG

PA140025_collage.jpg

参道を行き交う人も少なく静かなもので、さて、落ち葉掃きをしよう。

もうそんな季節になっているんだなぁ、これからは一雨ごとに落ち葉掃きに終われる英彦山ですが、
そんなこんなをしていると、たちまち時間は過ぎてゆく。

PA140027.JPG

★ つれづれに一句

  もてなしに 残す落ち葉の 彩として   yamahiko
    ・もてなしに のこすおちばの いろとして


お知らせです。

PA140020.JPG

裏庭にハチの巣がありますので、近づかないようにしてください。




posted by やまひこ at 17:26| 財蔵坊日記

2017年10月13日

雨上がりに

10月13日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA130013.JPG

雨上がりを待ち、近くの野っ原へ行ってみる。
ここは草刈りもされておらず、好い感じの草むらになっていて秋の花がちょうど盛りだ。

まだ蕾のミズヒキソウに、雨粒がキラリン。

PA130017.JPG

PA130018.JPG

イヌタデ。

PA130019.JPG

ヤブマメ、奥にはキバナコスモスの黄色も。

PA130015_collage.jpg

ミゾソバ、ヨメナ、など。

PA130024.JPG

シュウメイギク。

どれもキラッキラッで、「雨上がりの秋草」シリーズが出来そうだ。

★ つれづれに一句

  秋草の 名を数へつつ 歩きけり   yamahiko
     ・あきくさの なをかぞえつつ あるきけり





posted by やまひこ at 13:40| 植物・秋