2018年01月12日

雪が解けぬ間に

 1月12日(金)

寒波の底も見えて来たし、今日は雪景色を思いっきり楽しもう。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1120015.JPG

参道を登ると。

P1120019.JPG

P1120010.JPG

招魂社。

P1120004.JPG

静寂の杉林。

P1120020.JPG

束の間、日が射しこんで。

P1120002_collage.jpg

この雪が解けぬ間に、消えぬ間に。

P1120034.JPG

山に登る人。
そろそろ、四王寺滝の氷結も見頃になるころだ。

P1120044.JPG

そして除雪をする人、有り難うございます。

★ つれづれに一句

  ・英彦山の 雪の深さを 楽しめり   yamahiko
    ・ひこさんの ゆきのふかさを たのしめり



福岡県道路情報
http://www.douro.pref.fukuoka.lg.jp/



posted by やまひこ at 11:25| 雪景色

2018年01月11日

雪山取材に同行

1月11日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1110005_1.JPG

本日2回目の更新です。

以前から約束していた新聞社の雪山ルポ取材の案内役、正に今日がその日で寒波襲来もあり、
厳冬期の英彦山らしく、もうこれ以上の日和はないだろう。

にしても、こんなに積もるとはね、記者さん大丈夫だろうか。
同じくガイドの植田さんも加わり、とにかく出発だ。

P1110003_1.JPG

前を行くパーティーは四王寺滝コースらしく、正面コースは我々3人だと思っていたら
同行者が1人増えた、山は道連れです。
昨日からのドカ雪に登りはさすがに手間取り、ナンと云っても新雪のフワフワに難儀する。

記者さん履きなれないアイゼンに苦労している、もう少し雪が締まっているとその効果が
発揮できるんですけどね。

風に雪煙が舞い上がりブリザード、その時はじっと立ち止まり鎮まるのを待つ。
喋りながら、時に滑りながら、記者さんは撮りながら(そうだ遊びじゃなかった、雪山ルポとして
記事を書くんだ!)、着込んでいるのでそろそろ暑くなってきた。

★ つれづれに一句

  雪山の 一歩一歩に 昂ぶりぬ   yamahiko
    ・ゆきやまの いっぽいっぽに たかぶりぬ

山頂に到着。

P1110011_1.JPG

P1110014.JPG

P1110015.JPG

視界は殆どなし、ひたすらモノトーンの世界だ。
足跡は付いているので、何組か登って来ているんだろうが静寂そのものだ。

小休止の後、下山開始。

P1110018.JPG

下山は慎重に。

雲の中、風の中、そして雪まみれの山行、霊山英彦山の雪山ルポの取材にはピタリだったかも
知れない。
さて、どういう記事になるか楽しみです。

本日のおまけ。

P1110030.JPG

P1110036.JPG

帰宅する頃には晴れてきた〜。



posted by やまひこ at 18:34| メディア

まず雪を掻いて

1月11日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1110011.JPG

積雪約30p、気温氷点下5・5℃。
一晩で積もりに積もった、英彦山の朝です。

メジロのご飯、リンゴとミカンも雪まみれ〜。
今日はこんな呑気な事は云っていられない、まず雪掻きをして出かけないといけないのです。

P1110002.JPG


P1110005.JPG

P1110003.JPG

取り敢えず、歩幅の雪を掻いて。

P1110006.JPG

行ってきます〜。
厳冬期の英彦山の、取材に同行します。

★ つれづれに一句

  一夜さの 雪の深さに なりしかな  yamahiko
    ・いちやさの ゆきのふかさに なりしかな


今日はもう1回、更新したいと思っています。

福岡県道路情報
http://www.douro.pref.fukuoka.lg.jp/




posted by やまひこ at 08:18| 雪の暮らし