2018年04月14日

若葉風に

4月14日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4130007.JPG

すっかり若葉の緑が深くなるこの頃、豊前坊で咲き残っているサクラも、もうそろそろ
終わりかなと思う。
陽射しにこんなに輝いているのに、僅かな風にも散り急いでいる。


P4130004.JPG


P1720203.JPG

★ つれづれに一句

  咲き残る ものを急かせて 若葉風   yamahiko
   ・さきのこる ものをせかせて わかばかぜ


P4130012.JPG

遥かに英彦山を望む田んぼも、草青む頃だ。

毎日が歳時記をめくるような、季節の進みの真っ只中にいるみたい。
そして、今日は英彦山神宮の神幸祭です。





posted by やまひこ at 00:00| 日々のあれこれ

2018年04月13日

大河辺窟、その周辺を歩く

4月13日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4120039.JPG

山頂を目指さない山歩き、今日は智室川沿いに登ってみよう。
にしても天気が良いですね、障子ヶ岳を遠望していますが、こうやって見ると整然とした
杉林が一つの景観をつくっています。


P4120011.JPG

鬱蒼とした林に入り川沿いに歩き始め、道はずいぶん荒れてしまっているが差し込む日差しの
明るさと、水音に励まされながらの行程です。
昨年の九州北部豪雨の影響も出ているのかも知れない、降り積もった枝や倒木に時々足を取られ
ながら、それでもヒトリシズカなどが見えてきてドンドン進もう。


P4120003.JPG

P4120008.JPG

大河辺窟です。
軒のように大きくせり出した造りになっており、隣にも小さな窟がある。
英彦山の神領内にこのような修行窟が四十九あり、この大河辺窟は第三十一窟です。

その昔はご神体となるものが安置されていたんだろうが、明治の廃仏毀釈で廃棄されたのか
後世に盗掘されたのか、何もなくなっているのが少し侘しい。
山伏達が経を唱え、法螺貝を吹き鳴らしていた当時を偲ぶしかない。

さぁ、歩こう。


P4120023.JPG

滴りだけになっている滝。
冬の、氷結は見物だ。

P4120034.JPG

シイタケもあったよ、もちろん戴きました〜。

P4120026.JPG

途中から山は道連れで、太宰府からというグループと一緒になり、白岳へご案内することに。


P4120030.JPG

P1720197.JPG

白岳山頂はこの時期、山サクラの絶景スポットになりちょうど見頃だ。
皆さんにも、喜んでもらえたようで好かった。


P4120021.JPG

P4120018.JPG

木漏れ日の静けさの中で、ヒトリシズカの群落にも出会えたし。

★ つれづれに一句

  静かさを 一人静と 分かつ森   yamahiko
    ・しずかさを ひとりしずかと わかつもり

こんな花達にも。

P4120058.JPG

ショウジョウバカマ。

P4120066.JPG

ミツバコンロンソウ。

P4120043.JPG

コガネネコノメソウ。

P4120054.JPG

P4120069.JPG

サバノオ。

P4120061.JPG

P4120062.JPG

ハルトラノオ。

P4120074.JPG

P4120076.JPG

シロバナネコノメソウ。

お疲れさまでした〜。







posted by やまひこ at 00:00| 史跡ご案内

2018年04月12日

競秀峰へ

4月12日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4100002.JPG

耶馬溪の競秀峰は、登山と云うよりも史跡巡りのような気分で歩きたくなる。

耶馬日田英彦山国定公園の一角という事でお隣さん感覚、英彦山から野峠を下り気軽に来られる
景勝地でもあり、ちょっとした探索気分にさせてくれるスポットだ。

P4100007.JPG

洞門口の不動明王に迎えられて取り付くが、もうすでにそれらしく霊場への第一歩だ。

P4100020.JPG

P4100018_collage.jpg

苔むした石段には落ち椿、祠があれば野仏ありで霊場らしさに満ちていて、静けさの中の
このコースは好いものだなと思っていたら、どうも先客がどういるらしく木立の間から甲高い
笑い声が聞こえて来る。
声の方向から、陣の岩へ向かっているらしい。

時間差をつけるためにも、先に妙見窟の方へ行ってみよう。

P4100032.JPG

P4100031_collage.jpg

妙見窟はこの一帯の中心的な行場であったらしく、かなりの広さで今も参拝人が絶えないようで
綺麗に清められている。
妙見宮には妙見菩薩が3体、男女神像2体、如来立像が1体安置されていて、その作風から平安時代の
ものとされています。

耶馬渓の羅漢寺を中心にした信仰圏の一つが、ここ競秀峰であり修行者だけではなく、人々も通った
ことだろう。

P4100050.JPG

陣の岩を目指して、登りの始まりだ。
鎖がしっかりと取り付けてあり、標識もよく目立つので初心者にも歩き易いはずだが、万全の注意で
進む岩場もあり、特に雨上がりなどは気を付けないといけないだろう。

梵字窟、不動窟を通り清水洞に到着だ。


P4100061.JPG

P4100062_collage.jpg

山内で一番好きな窟で、今でもコンコンと清水を湛えておりこういう場に立つと、修行者でなくても
信仰者でなくても、神妙な気持ちになるものです。


P4100077.JPG

もうゲンカイツツジは終わっているが、日当たりにはシュンランが咲き始めていて少しホッとしながら
鎖伝いに歩いて行こう。

P4100076.JPG


P4100067_collage.jpg

三陣の洞、ここも好い霊気を感じます。
長年の風雪に耐え、人々の思いが込められているような、英彦山の窟にも通じる「気」です。

そして最後は鎖場を登り切ると「陣の岩」に到着、見晴らしが良いですね。

P4100083.JPG

山国川流域を一望、この上流が英彦山です。

P4100084.JPG

競秀峰と、眼下に青の洞門付近が広がっている。
一休みの後、下山は弘法寺へ降りることにしよう。

P4100102.JPG

P4100113_collage.jpg

高野山真言宗・弘法寺は、九州三十三観音霊場十番札所です。


P4100124.JPG

羅漢寺への旧道が伸びており、昔から人々が行き交った巡礼の路ですね。

P4100008_collage.jpg

フデリンドウ、サツマイナモリ、シャガ、セントウソウなどなどを見ながら。
お疲れさまでした。

★ つれづれに一句

  麗らかに 古寺巡礼の 路なりし   yamahiko
    ・うららかに こじじゅんれいの みちなりし




posted by やまひこ at 00:00| 山行記録