2018年06月05日

扇ヶ鼻から

6月5日(火)

九重のミヤマキリシマも、いよいよクライマックスかともう一度行って来ました。
牧ノ戸峠から、扇ヶ鼻、稲星山、久住山周辺を歩いてきましたが、花は今が盛りと咲き誇り
何よりも青空の下での最高の登山日和でした。

という事で、どこに行っても気になる「英彦山遠望スポット」ですが、今回は扇ヶ鼻からです。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6040021.JPG

手前に沓掛山からの稜線、奥の台形に見えるのは万年山、更にその奥に英彦山です。

P6040025.JPG

チョット場所を変えて、小さいながら堂々とちゃんと見えています。
英彦山は異形の山ですね、他の山とは紛れることはありません。


★ つれづれに一句

  夏空に 霊峰英彦の 紛れざる   yamahiko
     ・なつぞらに れいほうひこの まぎれざる

「英彦山遠望スポット」、まだまだこれからも探りたいと思っています。
そして、根子岳と由布岳も見えたよ。

P6040001.JPG

P6040003.JPG

雲海だ〜!

P6040103.JPG

P6040116.JPG

登山日和りは、空日和りでもありました。

山行レポは、只今編集中です。
デハ、デハ。







posted by やまひこ at 00:00| 英彦山遠望スポット

2018年06月04日

朝の涼しさに

6月4日(月)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6030002.JPG

夏これから、英彦山の朝は涼しく清々しい。
昔々のある人は、「春はあけぼの・・」と云ったらしいが英彦山の夏こそ、それに
相応しいのではないかと思う。

日中の気温上昇を、まだ予感させない空だ。

P6030007.JPG


P6030010.JPG


P6030009.JPG

朝露をまとい、眠りから覚めようとしている草たち。
山の、一日の始まりだ。

★ つれづれに一句

  何よりも 朝の涼しさ ありしこと   yamahiko
     ・なによりも あさのすずしさ ありしこと





posted by やまひこ at 00:00| 日々のあれこれ

2018年06月03日

咲き誇るミヤマキリシマ、大船山周辺巡り

6月3日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6010057.JPG

毎年九重のミヤマキリシマと云えば、まず平治岳へご挨拶がてら登るのだが、今年はそれを
遠眼に眺めて、長者原から坊がつるを通り大船山周辺を歩いてみよう。

駐車場の確保が難しそうなので、前日6月31日午後からから英彦山を出て、長者原駐車場に到着。
もう車中泊組が揃い始める頃で、それも県外ナンバーが多い。
左右を鹿児島と三重に挟まれ、その隣は愛媛だ。

翌朝は冷え込みで目が覚めてしまった、あまり早い時間からドタバタ音をさせてもいけないだろうと
明るくなるのを待ち、身支度して5時30分に歩き始める。
英彦山もそうだが、早朝の空気は好いものです。

P6010011.JPG

P1720573_collage.jpg

段原の分岐から大船山を目指して、一気に登るがこのあたりのミヤマはまだ蕾が多く、それでも
この山頂からの遠望は素晴らしい。
見下ろすと米窪、北大船、そして平治岳へと連なっている。

丁度好い時に来たみたい、そして抜けるような青空、この日に感謝です。
珍しく40分近くも休憩してしまった、ゆるりと下り北大船へ行ってみよう。

P6010039.JPG

北大船山から振り向く。

P6010060.JPG

更に進み大船山と北大船山、どこもミヤマのピンクの波で埋め尽くされていて、ここからの
花と山の眺めが一番好きだ。

P6010043.JPG

三俣山と眼下には坊がつる、ここの花と緑の競演も好いなぁ。
どこに眼をやっても、絶景だ。

P6010083.JPG

P6010069_collage.jpg

足元にはイワカガミとマイヅルソウ、そして一輪見つけたオオヤマレンゲ。


P6010030_collage.jpg

遠望も好く効いて由布岳と根子岳、そして遥かに英彦山もね。

それにしても登山者の多い事!、皆写真ポイントで立ち止まっては・・となるので、
渋滞気味になるが急ぐことはない、この景色を充分に楽しもう。

P6010088.JPG


大戸越へ下り、広々とした緑の坊がつるから雨ヶ池を抜け、下山完了。
有り難うございました、そしてお疲れさまでした。

★ つれづれに一句

  始めから 花を当てなる 登山かな   yamahiko
     ・はじめから はなをあてなる とざんかな







posted by やまひこ at 00:37| 山行記録