2017年06月09日

この雲の向こうには

6月9日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6080003.JPG

久し振りに、花見ヶ岩から。

まだまだドンヨリだけども、少しづつ晴れてきそうな空になってきました。
こうやって集落を見下ろすと、谷々に囲まれている暮らしなのがよく分かり、これからの
梅雨の湿りと、暗さが思いやられます。

P6080001.JPG

P6080016.JPG

晴れてくる気配を、いち早く感じ取るのは野鳥たちのようです。

今まで静かだったのがあちこちからツツドリやカッコウ、アカショウビン、そしてホトトギスなど、
出番がやって来た!とばかりに賑やかになってきた。

P6080012.JPG

P6080002.JPG

この雲の向こうには、青空があるはずだ。

★ つれづれに一句

  梅雨晴れ間 兆す鳥語よ 雲の色   yamahiko
   ・つゆはれま きざすちょうごよ くものいろ


本日のおまけ。

P6040033.JPG

ユキノシタ、咲く頃。




posted by やまひこ at 00:00| 今日の空

2017年06月08日

山ガールサミット、記者レポートに

 6月8日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6060004.JPG
             (6月6日・西日本新聞朝刊より)

英彦山・山開きに同時開催された、「山ガールサミット」の新聞社同行取材が、記者レポートとして
朝刊に掲載されました。
当日会った女性担当記者はまだ若く、大丈夫かな・・、山には慣れていないようだしな・・、とチョット
心配したが、コースに入ると写真を撮りながら、取材メモをひっきりなしに書き留めながら、一行の
後になり、前になりしながら奮闘していた。

そして、過不足のない記事にピタリと納めてあるので、サスガの文章力だなと思う。
このイベントの経緯や前夜祭から記事は始まっているので、きっと膨大な取材量から
まとめあげたものだろう。

お疲れさまでした、そして有り難うございました。

P5280005[1].jpg
                   (ブログ記事からの転載)

英彦山は山中にこそ、歴史あり史跡ありです。
次は、もう少し奥へご案内したいと思います。

★ つれづれに一句

  郭公や 山は謎秘め 歴史秘め   yamahiko
    ・かっこうや やまはなぞひめ れきしひめ

  

本日のおまけ。

P1680725.JPG

梅雨入りしましたね。
雨と風に、終日降りこめられた英彦山です。

★ つれづれに一句

  梅雨入りの 雨垂れを聞く 日となりぬ   yamahiko
   ・つゆいりの あまだれをきく ひとなりぬ




posted by やまひこ at 00:00| メディア

2017年06月07日

咲き競うミヤマキリシマの、平治岳へ

6月7日(水)

P6050016.JPG

平治岳のミヤマキリシマが呼んでいる〜、とばかりに4日(日)夕方から出掛け、5日に充分堪能し
それにしても、今年は最高の咲き方だ。
これを見たら、言葉は要らない。

では、出発しますよ。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6050002.JPG

車中泊した長者原登山口で、見事な朝焼け。

P6050004.JPG

P6050010.JPG

坊がつる、テントサイトの朝。

P6050013.JPG

P6050027.JPG

大戸越からいよいよ花の中へ、前峰にはすでに人・人で時々渋滞も。

ミヤマ.jpg

P6050037.JPG

P6050038.JPG

花の濃淡が、雪崩れるように咲き競う。
本峰へ行ってみよう、道を譲ったり譲られたりでここでも中々進めないが、まぁ急ぐことはない。

P6050040.JPG

P6050051.JPG

本峰の先端へ、坊がつるを見下ろす。
今日のこの日に、来られたことに感謝ですね。

★ つれづれに一句

  始めから 花を当てなる 登山かな   yamahiko
   ・はじめから はなをあてなる とざんかな




posted by やまひこ at 00:48| 山行記録